千歳市へ引っ越す時の一人暮らしの物件探しのコツ!間取りのタイプを決めるポイント


賃貸住宅の探し方のヒント

千歳市で有名なスポットは、新千歳空港や支笏湖などです。見渡す限りの恵まれた自然に囲まれた街であり、その中でも交通アクセスや暮らしの利便性にも優れている北海道の中核地にあたります。そんな千歳市で進学や就職が決まり、一人暮らしの賃貸住宅をこれから探し始める人もいるでしょう。賃貸探しのコツは、希望する条件を先に決めておくことです。沢山の賃貸情報があって悩んだときに、的が絞りやすくなります。賃貸探しに時間をかけすぎてしまうと、迷っている間に条件の良い住宅は先着順に埋まってしまいます。手早く物件を決めるために、条件を具体的にまとめるようにしましょう。

一人暮らしの間取りのタイプの特徴

間取りのタイプは賃貸住宅の条件を決めるうえで大事なポイントです。一人暮らしに向いている賃貸の間取りは、1Rや1K、1DKや1LDKが適しています。1Rは、部屋にドアの仕切りがなく、居室とキッチンも同室にあります。建築費用のコストが抑えられることから、一人暮らし向けの他のどの間取りよりも賃料が安く、家賃のコストを重視したい人におすすめです。1Kの間取りは、居室とキッチンの間に仕切りのドアがあります。一番標準的な間取りのタイプになります。

1DKは、キッチンスペースと居室スペースが別々の部屋になっていて、両方の部屋はほとんど同じ広さになっています。1LDKはキッチンスペースと居室の2部屋で、1DKよりも更にキッチンスペースが広いタイプの間取りです。1DKや1LDKは家賃は高めになりますが、空間が広々としていて、家具や家電のレイアウトもしやすいです。広い部屋で快適に暮らしたい人、資金にゆとりがある人に最適です。

千歳の賃貸アパート家賃相場は間取りによりさまざまです。一番安いワンルームなら家賃が4万円くらいからあります。

Previous post 高級住宅のローンにまつわる話!人生設計から考えるマネープラン